使用ずみの自動車を売り払う時の手順に関してですが、こちらのページでちゃんとわかっておきましょう

中古の車を売却する場合の段取りといえば買取、そして下取のどちらかが一般的ですよね。下取りのケースというのは新しいクルマをゲットすると一緒に今迄乗っていたおクルマを買受して頂くというものです。だいたいは販売店が引き受けを行うため金額はどちらかといえば低目になることが多いです。

一方で買い取りのケースはくるま買い取り専業店がやっており、使用した自動車という名目で販売することを予定に買上げプライスを決めるため、どっちかというと高値の買い受けが期待できるでしょう。どっちにしても使用済みの自動車を売却する事であり、引き受けてもらう前に買受プライスを決定するための品定めがされるわけです。

審査額をしてもらう際に気に掛かるのがリサイクル料です。使った車の審査で示される値段としてはマイカーそれ自体の値段、車に附随するリサイクル料や自賠責保険などを入れた値段の2つの種類が御座います。「リサイクル料」はユーズドカーを手に入れた時、若しくは「リサイクル料」が未納だったケースでは車検を受けたさいに支払いになりますので、のちに使用した車を廃車として壊してしまうケースで必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルする為の料金となって使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する時にJARSから払われることとなります。

コストは、軽自動車なら8千円ほど、国産自動車で10000円程、外国製自動車などで1万5千円位、その他で20000円ほどをいれる必要性があります。大半のクルマ買取りですと、そういった「リサイクル料」を使用した自動車の買い受けプライスとは別個で引取りされるというような事となる訳ですが、リサイクル代金をいれて買い取り価格であるというケースもあり、買取りを希望する場合にあらかじめ確認しておくのが肝心です。