使用した車の買い取りというのは月賦払いの終了前のケースでもOK?ココで把握しておきましょう

中古車の買取り業者に見たてを依頼したものの、割賦払いを残したままであるなどの場合もあるはずです。そんな場合ですと、その売ろうとしているu-carの持ち主があなた自身なのかそれ以外の人であるのかどうか第一に確認することが求められます。

実際に、名義はどのあたりを見れば把握できるのかといえば、「自動車検査証」に書き込まれている氏名の方がその中古車の所有権者という事であります。

今のクルマを購入した時点で銀行が提供しているローン支払いを設定された時には、この自動車検査証に記載されているお名前が自分の氏名になっていると思うのですが、そのローンを組まれたのがクレジット系の会社である時には名前がそちらの記載になるはずです。信販系で分割払いを組む場合どんな理由でこんな風にその会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えは支払いが滞った場合、即そのマイカーを担保として確保するためです。

こんな事情で所有名義が信販会社になっている際はそちらのおクルマを自分勝手に売る事は出来ないのです。何が何でも売ってしまいたいならまず残債を完全に支払するか月賦の組み換えによって所有者をご本人に変えた後で売却をする必要性が出てきます。しかし、現実問題こんな事が出来るのは今現在お手持ちの資金が豊富にある時という事になってしまいます。じゃあ現金が不足している方はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

こんな場合は、評定をしてくださった使用した自動車買い取りのお店に事情を話すと、使用ずみの車の売却額から残りの返済分を賄い、所有者のところをご本人の姓名に直してもらうことができます。手続きについてもすべて買取店にお任せできるので問題ありません。