使っていた自動車を売り渡すさいの手順の事を、コチラでキチンとチェックしていきましょう

中古の自動車を処分する時の仕方といえば下取り、そして買い取りのどちらかが有りますよね。下取りの場合というのはおニューの中古車をゲットする際、いままでお乗りの使用した自動車を引き取って頂くというものです。ほとんどは新車取扱店が引き受けをおこないますので買取金額の方はどちらかというと低くなることが多いです。

一方、買取りのほうは古い車の買い取り専業店が行っており、使用ずみの車として店頭に出すことを予定に買い上げ値段を決めるため、どちらかといえば高値での引き取りが望めるでしょう。いずれにしろ不要車を売却する事であり、売る前に引き上げ金額を決めるための値踏みが行われることとなります。

格づけを依頼するさいに気に掛かるのがリサイクル料となります。使用済みの自動車の品定めで出してもらう金額としてはユーズドカーそのものの値段、所有車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを加えたお値段の二種類があります。リサイクル料については使用した自動車を買った時、または「リサイクル料」が未払いだった時には車検を受けたさいに支払われるもので、将来、使っていた車を廃車として解体処分する際に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルする時の代金となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう場合JARSから支払われるということになります。

その場合の費用は、軽自動車なら約8千円、国産自動車で1万円ほど、外国製自動車等で1.5万円ほど、その他で2万円くらいをいれる必要がございます。たいていの使用した自動車引き受けでは、そうした「リサイクル料」をマイカーの買取金額とは別個で引取られるというような事となるワケですが、リサイクルの料金を入れて評定価格となってる場合もあり、買取りを頼む時前もって確認しておくということが肝心です。